週44時間勤務というのは何ですか?

歯科助手として就職したいと思っています。
前の職場ではパート労働者として、週40時間を越えた労働というのは全て残業扱いになっていました。 週44時間労働が可能な職場というのは、残業扱いになるのが週44時間を超えた分からということなのでしょうか。

回答

blank

⇒労働基準法第32条では、週の労働時間について、「使用者は、労働者に、休憩時間を除き1週間について40時間を超えて、労働させてはならない」と定めています。
ただし、これには特例措置があり、この 特例措置対象事業場の場合は、1週間の法定労働時間は44時間となっています。 (この場合も1日は8時間です。)
特例措置対象事業場とは、常時使用する労働者数9人以下の商業、映画・演劇業(映画の製作の事業は除く。)、保健衛生業、接客娯楽業のことを言います。
歯科医院は、保健衛生業に該当し、従業員9人以下の場合は、週44時間が適用されます。
したがって、従業員9人以下の歯科医院の場合は週の労働時間を44時間の範囲内で規定することができますので、その場合は 週44時間を超えた部分について、所定外手当て(残業手当)が支払われることになります。

blank

ただし、これはあくまで法定労働時間ですので、各医院ではその範囲内で週の労働時間を自由に定めることはできます。 労働時間は、従業員にとって大切な労働条件の一つです。募集・採用や医院への定着にも大きな影響を及ぼします。しっかりと、検討することをお奨めします。

メニュー