休憩中の電話は誰が取る?

スタッフから、休憩時間中に電話応対をするのであれば、係を作って休憩時間をずらして欲しいといわれた。
うちは歯科助手が受付も兼ねていて、診療にもぎりぎりの人数で当っておりそのような余裕はないが、 電話対応を行うのであれば休憩時間ではないというような話も聞いたことがあり、 どうすればいいのか悩んでいる。院長である私が必ず休憩時間に医院にいられるわけでもない。

回答

blank

⇒聞いた話の通り、電話応対は立派な業務になります。つまり、電話に出ることを指示しているのであれば、休憩とはいえません。
したがって、スタッフ様の提案のように休憩時間を交代で与える方法もあります。
一方、そんな余裕がないのであれば、その時間に対する賃金を支払い休憩時間も電話が来れば応じてもらう方法もあります。

blank

労働基準法(34条)では、「使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少くとも45分、8時間を超える場合においては少くとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない」という規定があります。
したがって、そのスタッフの方の労働時間が1日6時間以内であれば、法律上は休憩を与える必要はないのです(※但し、就業規則で定めている場合は、それに従います)。

blank

気をつけなければならないのは、それを超える場合は休憩時間を必ず与えなければならないことです。しかし、通常は昼食休憩などで休憩は与えていることが一般的です。

メニュー