人間関係のトラブルを理由に解雇できますか?

4月に新卒で雇った歯科衛生士ですが、5月の連休明けに休憩室で休憩中に先輩衛生士と言い争いになり、 それから他のスタッフと一言も口を利きません。
私の指示は聞きますし会話もしますが、他のスタッフには返事をせず、「職場の空気が悪くなった」とは他のスタッフの言です。
人間関係、職場環境を悪化させたというような理由で解雇することはできるのでしょうか。

回答

blank

⇒結論から言って、「人間関係、職場環境を悪化させた」という理由のみをもって、即解雇は難しいと言えます。
ただし、試用期間が明確になっている場合には可能性はあります。

blank

通常、解雇するためには、まず就業規則が必要になります。そこに、「上司・先輩の業務上の指示には従うこと」、「従業員は常に互いの立場を尊重し、良好な職場環境を維持しなければならない」などの職場の倫理的な規定(遵守事項)を明記します。
そして、それらの遵守事項を守らない場合は、懲戒処分(けん責、減給、解雇など)をする規定を設けます。これらの規定があることが前提となります。

blank

その上で、今回のような問題が発生し他場合に、これらの規定違反に該当するかを検討します。そして、該当すると客観的に判断できる場合は、懲戒処分を科すことになりますが、先輩と口論したという事実のみでは、一発で解雇は厳し過ぎると言えます。
ちなみに、業務上の指示に従わなかったか否かも重要な判定材料です。業務上の指示命令に従わないのであれば、かなりその罪は重いと言えます。

blank

ここでは、事情や事実をしっかりと確認したうえで、その新人の歯科衛生士の行為が客観的に見て本当に問題があるのであれば、一旦、厳重注意をします。
そして、その後も何度注意をしても、改まらず同様の行為を繰り返すのであれば、初めて解雇もやむを得ないというステップで進みます。

blank

但し、上記のケースでは、4月に雇い、問題が5月に発生したと言うことですので、試用期間にあたる可能性があります。就業規則、あるいは雇用契約書で、試用期間(例:3ヶ月間など)が明記され、かつ、そこに「職場の先輩と良好な関係を築けること」など、本採用の条件などが明記してあれば、本採用をしない(実質解雇)ことも可能です。

blank

試用期間中であれば、一般の解雇よりも認められる範囲が広いのです。

メニュー