Q.有給休暇の時効はありますか?

権利が発生した日から2年間有効です。

blnak

年次有給休暇を取る権利は、権利が発生した日から2年間有効です。 実際に有給休暇を取得する時、前年度の繰越分から消化していくのか、発生年度分から消化して行くのかを従業員に聞く必要があります。


有給休暇権は順次時効により消滅してしまうのですが、どちらを先に消化するかについて、労働基準法には定められていません。


ですので、本年度の有給休暇から取らせると、就業規則で定めてあったとしても 違法とはなりませんが、従業員からすると不満がでかねない定めとなってしまいます。
またそのほかにも、就業規則に『その年の有給休暇は、次年度まで繰越すことはできない。』と記載してあったとしても、労働基準法で2年間有効と法律で明記されている以上有効です。就業規則に効力はありません。


メニュー