Q.有給休暇を時間単位で与えることができるようになると聞きましたが・・・

平成22年4月1日から労働基準法の一部が改正され施行されることになっています。

blnak

今年4月から施行される労働基準法では、年次有給休暇の取得率の向上を目的に、法定付与日数のうちの5日を限度に時間単位で与えることができることになります。


この年次有給休暇を時間単位で付与は、必ず付与しろということではなく、労使で話し合い、労使による協定書を結ぶことができれば、付与することが可能となります。つまり、年次有給休暇を時間単位で付与するためには、労使による協定書が必要だということです。この協定書がなければ、時間単位での付与はできません。


あらかじめ時間単位で取得することができない時間帯を定めたり、所定労働時間の途中に時間単位での取得を制限したり、1日において取得することができる時間数を制限することも認められていません。当然、利用目的によって時間単位での付与を制限することもできません。


また。時間単位年休を導入するか否かは、業種・業態によってそれになじむものか、また導入に際して対象労働者を決めるに当たっては、従事する業務等が時間単位年休になじむかどうかを慎重に検討する必要があります。

こちらに厚生労働省から詳しく解説がのっています。


メニュー