Q.基本給を残業代込みにしたいのですが問題ありますか?

必要な条件を満たしていれば残業代込みの給与でも合法です。

blnak

残業代を変動費(毎月支払う額が変わる費用)ではなく、固定費(毎月支払う額が変わらない費用)にしてしまいます。
ただし、これはこれから入社する従業員に対して労働契約の際に提示できる話であって、後からこの制度を導入するときには、従業員の方に理解していただき、同意を得る必要があります。既に在籍していて特に書面による労働契約が取り交わされていない従業員に提示すると、不利益変更となる可能性があり、サービス残業を正当化することにもなりかねません。


また、会社と従業員の間でいくら合意がされているといっても、それが就業規則に規定された労働条件に満たないのであればそれは無効であり、会社の就業規則の基準に引き上げられます。


@定額残業手当は何時間分についてなのか?
A基本給などの基準内賃金はいくらで、定額残業手当はいくらなのか?
B残業手当はどのように計算されているのか?


上記のような約束事が明確になり初めて定額残業手当てが合法と言えます。しかし、こうした事項は大変敏感な問題ですので、口頭ではなく、書面をもって明確に契約して、残業手当を含んだ労働契約を締結する際には慎重には慎重を期すべきでしょう。
忘れてはならないのは、残業代込みだからと言っても、実際の残業が、給料に含まれている部分を超える場合には、その差額を払う必要があるということです。
また、要件を満たし、合法的に基本給当の中に割増賃金を含めた場合にもリスクはあります。 それは、割増賃金の支払いが減る分、コスト意識が薄れ、労働時間が長くなりすぎる(精神疾患発生リスクの増加)などです。


残業代を大幅に削減することが出来る制度ですが、間違えたまま導入すると、大変なリスクをかかることになりますので、導入に際しては、必ず専門家に相談することが大切です。


メニュー