Q.試用期間中に残業手当を要求されました。

試用期間中でも残業手当などに関する規則もきちんと労働基準法に準拠します。

blnak

試用期間中と言えども、採用してから2週間経過すれば労働基準法は適応されます。よって、時間外労働に対しての割増賃金について、試用期間というような区別は法律にはありません。
通常の労働契約であれば時間外労働に対しては割増賃金を支払わなければなりません。労働基準法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)


労働基準法上、これはサービス残業をさせていることになりますので、支払っていない場合、労働基準監督署から是正指導を受ける可能性があります。


メニュー