歯科業界ロングインタビュー DBMコンサルティング(後編)

 今回のでんたろうロングインタビューでは、アポロニア21で「歯科経営論」の連載を7年務め「歯科医院経営の再生良法」「自分でできる歯科医院経営チェック」など数多くの著書をだされている、DBMコンサルティング代表取締役 宮原秀三郎氏にお話を伺ってきました。

スタッフへの権限委譲


宮原社長でんたろう: 限られた空間でどうしても人間関係が問題に

なりやすいとよく聞きます。何かトラブルを未然に防ぐ方法があればぜひアドバイスをいただけますか。


DBM宮原: これが完全な方法かどうかはわかりませんが、院長がある意味王様で、狭い世界の中で自分の目が全部行き届くような職場の中でトップにいるわけじゃないですか。ですから、いちいち言い過ぎるきらいがあるんです。だからね、やっぱり、権限委譲が大切なんです それをできるかどうかですね。ここから先はあなたに任せたよ、受付はあなたね。自分は医師としての技術をここで振るうだけだから。それが院長によってはですね、予約どうなった?とかね。キャンセル出たからすぐ電話して来いだとか、いちいち裏に行って確認してしまうのです。キャンセルが出たらこういうようにしよう、と約束事を作っておく。今やっているかやっていないか、そんな事はいちいち言わないから、やってほしいと伝えておく。こういう権限委譲をするかどうかだと思いますよ。


でんたろう: スタッフ側については、積極的に責任を与えるということですか。


DBM宮原:そうです。働き甲斐のある職場にしていきましょうということですね。

 


「いい選択だった」と後々思う職業選択


でんたろう: これから歯科業界を目指して学校に行こうと思っている、もしくは歯科助手をやろうと思っている人に向けて何か一言いただけますか?


DBM宮原: この職業選択はいい選択だった!と思うはずです。ぜひ、歯科業界を目指して、来てほしいと思います。 今までのような歯の治療屋的・修理工場的な歯医者ではなく、これからは健康創造ビジネスへ発展を遂げていくでしょう。別に国家資格を持ってなくても、いいと思うんです。そこに就職するんだという意識ですね。 最近結構多いのが、普通の大学の4年生を出た女性が歯科医院に就職っていうケースが結構あるんですよ。そういう人が持っているある種の魅力とかね、教養っていうのは、身についていれば、歯科医院を非常にいい形でリードできると思います。そういう人材がこれから入ってくるべきだと思いますし、また、入ってきやすい環境を医院が作っていけば、大変いい業界になるんじゃないかと思うので、そういう人に来て欲しいと思いますね。


でんたろう: ある歯科の専門学校さんのところで聞いた話なんですけども、新入生徒さんの、約3割が社会経験された方らしいです。歯科助手として就職しました、実際に働いてみてさらに業界の魅力を感じ、これはちょっと自分のステップアップとして衛生士の資格を取りたいんだという方がだいたい3割くらいいらっしゃるらしいんですね。


DBM宮原: なるほど。

 

でんたろう: 僕も非常にびっくりしたんですけど、それだけの方が向上心を持ってこの業界に携わっているということです。あとは、2年制から3年制への移行で、学校としても今までの詰め込み型のカリキュラムではなく、自分で物事を考えて、伝える、ということに非常に力を入れているようです。社長がおっしゃるような人材が育つ環境というのは整いつつあるのではないかと思いました。


でんたろうへの期待


DBM宮原: 歯科医院は、ネットを通じて、よい人材を・効率的に獲得していくという道が拓けないといけないと思いますね。本当に期待をしたいと思います。 それからただ単に、誰でもいいというわけではなくて、医院を魅力的にしようという意欲にあふれた人を集めるんだ!というメッセージを発信していただきたいなと思いますよ。


でんたろう: はい。求人費用はもちろん、忙しい先生にも使ってもらえるようなサービスに。また関係者と協力してスタッフの意欲をアップできる内容を作り上げるようスタッフ一同頑張ります。今日は本当にありがとうございました。


前編 | 中編 | 後編

(株)DBMコンサルティング


代表取締役 宮原 秀三郎
(株)DBMコンサルティング代表取締役宮原秀三郎

PROFILE
・1973年同志社大学経済学部卒
・建設会社を経て1980年(株)ジャパンデンタル入社
・東京、札幌、仙台支店長、本社企画部長を歴任
・1999年同社を退職
・同年(有)DBMコンサルティング(現株式会社DBMコンサルティング)を設立
 歯科専門の金融知識に加え組織開発ノウハウの提供を開始
・全国歯科医師会、歯科大学同窓会、歯科関連企業講演会講師
・2000年より7年間アポロニア21(日本歯科新聞社)に歯科経営論を連載
・2001年『歯科医院経営の再生良法』(デンタルダイヤモンド/共著)
・2004年より2年間『デンタルダイヤモンド』誌上座談会連載
・2005年『自分でできる歯科医院経営チェック』(デンタルダイヤモンド/監修)
・2007年『保険マイナス改定、打つ手あり!』(デンタルダイヤモンド/共著)
・2009年 10周年記念セミナー開催 株式会社となる
・2010年『D☆STYLES』を開設


メニュー