シーラントについて


本ページの症例写真は横浜歯友会 内藤歯科様より情報をご提供頂きました。
ホームページ・誌面などでに本動画をご利用する際には、横浜歯友会 内藤歯科様(https://www.naitosika.com/)若しくは、歯科求人でんたろう(https://dentarou.net) の著作表記・リンクを頂けましたら幸いです。
小さい頃からの虫歯予防として【シーラント】があります。シーラントのやり方について、動画でご覧ください。
シーラントとは、奥歯や前歯の溝をプラスチック樹脂の一種で一層埋めることによって、虫歯を予防する方法です。 主に生えて間もない6歳臼歯や乳歯の奥歯に行います。 生えたばかりの歯は表面が未成熟で弱く、その後、唾液中のカルシウムなどを吸収して年月とともにだんだん強くなっていきます。 予防歯科のための施術でありながら、保険適用内で行えるのも魅力的です。ただし、虫歯の治療に使えるものではなく、すでに虫歯になってしまっている歯には施せないことがほとんどです。もし、虫歯の歯にシーラントをするなら、虫歯治療がすんでからでなければ行なえません。まれに初期の虫歯にも適応できますが、基本的には予防目的で用いられる方法です。

メニュー