試用期間終了後に本採用を拒否したいのですが可能でしょうか?

会員様ログイン
コールセンター お問い合わせメール
6/27 (火) 10:00〜担当:山田が電話案内・代行登録・入金確認を致します。



歯科求人でんたろうTOP > 歯科医院の労務相談・資料一覧 >採用に関する相談(試用期間終了後に本採用を拒否したいのですが可能でしょうか?)

Q.試用期間終了後に本採用を拒否したいのですが可能でしょうか?

試用期間と言え、労働契約は成立していますので、合理的な理由もないのに会社が一方的に本採用を拒否することはできません。

試用期間とは採用当初には知るとができなかった労働者の不適格性を理由とする解約権(解雇や本採用拒否)が留保されている「解約権留保付労働契約」とされています。試用期間と言えども、採用と同時に労働契約が成立しているので、本採用拒否は解雇と見なされる、ということです。
試用期間中の勤務状況等によって、当初知ることができず、または知ることが期待できないような事実を知った場合に、解雇や本採用拒否と判断することについて客観的に合理的な理由が必要になります。
 ただし、その意味での解雇は、「通常の解雇よりも広い範囲での解雇の自由」が認められています。
採用当初から知り得た事実を理由とした場合は,緩やかな基準で解雇することはできないということを理解しておく必要があります。
また、本採用拒否(留保された解約権の行使)は,原則として試用期間中にしなければならず,試用期間満了により解約権は消滅することになります。会社は本採用について保留したつもりでも、法律上は一定の試用期間の終了後、本採用通知をした、しないにかかわらず、その翌日には本採用として扱われるためです。
試用期間中の業務適格性等を理由に採用拒否するのであれば、試用期間中にその旨通知しなければなりません。
したがって、就業規則を作成する際は、解雇事由とは別に本採用拒否を定めておいたほうが望ましいと考えます。

blnak


blnak

メルマガタイトル


blnak

毎週金曜日に、新着求人や急募・ブランクOKなどの求人情報を皆様にお届けします。

blnak

職種を選択して下さい。


都道府県を選んで下さい。


でんたろうを何で知りましたか?


E-mailアドレスを入力して下さい。