試用期間の長さ定める基準について教えてください

会員様ログイン
コールセンター お問い合わせメール
担当:山田が承ります。



歯科求人でんたろうTOP > 歯科医院の労務相談・資料一覧 >求人に関する相談(試用期間の長さ定める基準について教えてください)

Q.試用期間の長さ定める基準について教えてください

試用期間は一般的な目安期間と言われているものがありますが、試用期間の長さに法的な規定はありません。

試用期間とは、採用当初には知るとができなかった労働者の資質・性格・能力といった社員としての適格性を判断するまでの留保期間と考えられています。
試用期間の一般的な目安とは、だいたい1ヶ月から6ヶ月が多いです。中でも最も多いのは3ヶ月と言われています。
しかし、法律の規制がないからといって「試用期間10年」という設定はありえません。
ちなみに1年くらいは設定可能ということですが、2年は駄目という裁判の判例もあります。
不当に長い試用期間は「公序良俗に反する」として、民法上無効になることがあります。
どの程度が「不当に長い」のかはケースによって異なるため、現実的には、社員の身分を不安定にさせるので、雇入れの際に、自社の試用期間について、その他の労働条件と併せて明示することが必要です。
また、法的規制はありませんが、社会理念上以下のことはできないとされています。

blnak

・合意的な理由がなく延長する
・期間を区切らず延長する
・何度も延長する

blnak

試用期間と正式採用では、社員の受け止め方が違います。
また、解雇の理由に関しても本採用後の解雇よりは要件は緩やかですが、 この点は、就業規則等できちんと定めて、会社と社員が誤解のない働き方としなければなりません。

blnak


blnak

メルマガタイトル


blnak

毎週金曜日に、新着求人や急募・ブランクOKなどの求人情報を皆様にお届けします。

blnak

職種を選択して下さい。


都道府県を選んで下さい。


でんたろうを何で知りましたか?


E-mailアドレスを入力して下さい。