歯科の専門学校・大学・進路

会員様ログイン
コールセンター お問い合わせメール
5/29 (月) 10:00〜担当:山田が電話案内・代行登録・入金確認を致します。



東海歯科医療専門学校【愛知県名古屋市名東区】


セムイ学園は、昭和51年に東海歯科医療専門学校を創立して以来、「施無畏(セムイ)」という建学の理念のもと、優秀な人材を輩出してまいりました。

寮あり 社会人入試 AO入試

学科・コースの紹介

詳細を見る

閉じる

歯科技工士科


患者さん一人ひとりに合わせた歯を作ります。

歯科技工士とは、歯科医師の指示に従って詰め物や入れ歯、歯並びを矯正する装置などの製作・修理にあたる医療技術者。
精密な技術と共に審美的感覚も求められる仕事です。
歯を失い噛む能力が低下すると全身の健康が阻害されるため、医療分野においても欠かせない存在です。

歯科技工士科では学生たちが自発的に考え、調べ、理解する力を養うために、実習を中心とした授業を行います。
技術だけでなく、その先にいる患者さんをしっかりと見据え、人の役にたつ努力を続けていくことが大切です。

【期間】昼間2年課程(9:20〜16:30)
【定員】高卒以上対象 35名
【学費】入学金20万円 年間学費105万円

学科が自信を持つ3つのポイント


過去の出題傾向を分析した本学科オリジナルテキストや、
全教員による万全の支援で、
3年連続で国家試験合格率100%を達成。

教員が様々な角度から学生たちにアドバイス。
学生一人ひとりに目を向けた教育で、
確実な基礎力と幅広い実践力が修得できます。

多くの卒業生や病院、企業など協力することで、
就職率は100%。希望の進路に進めます。

学ぶ科目


実習を中心に、自発的に考え、調べ、理解する力を育てます。

歯の解剖学
歯の形態、特徴、組織などを学ぶ、歯科技工の基礎科目のひとつです。実習では1本1本の歯を石膏やワックスで彫刻し、形を学びます。
本校ではこのオリジナルな教授方法、教育システムに特許を取得しているため、正確な歯の形を短時間で容易に覚えられます。

CADシステム工学
コンピュータを使った先端歯科医学。通常は手作業で行う被せもの(クラウン)の設計をコンピュータ上で行う方法を学び、CAD利用技術者試験2級取得を目指します。

歯科技工実習
2年次になると臨床的模型による、より実践的な学内実習を行います。
様々なケースを想定し、いろいろなパターンの模型で勉強をします。

歯科技工専攻科


さらに学びを深め、技術をぐんぐん伸ばすことができる環境です。

歯科技工士の資格は、養成校の2年間で取得できます。しかし、プロフェッショナルとして活躍するためには、そこから実践的な経験を積み、高度な知識や技術を身につける必要があります。歯科技工士の業界にも熾烈な競争があり、日々努力は欠かせません。専攻科は、より高度で実践的な技術が身につく専門性の高い課程です。

【入学資格】 歯科技工士免許保有者または歯科技工士養成校卒業者
【授業時間】 9:20〜16:30(月曜日〜金曜日)

学科が自信を持つ4つのポイント


一人ひとりと深くつきあう少人数制。将来の目標に合わせてコースを選ぶことができ、
専門性の高い講義や実習で技術を磨きます。

教えることで理解する教育実習
人に教えることで自らを高めます。

学内の学術発表会、学外の学会などへチャレンジし、
未来につながる貴重な経験が積めます。

目的に応じて選べるコース


歯科技工専攻科中級コース
これからの歯科技工士に必要な高度な内容を基礎からしっかり学べるコースです。審美歯科や口腔インプラント、歯科CAD/CAM技工、矯正歯科、顎顔面補綴技工などを幅広く学ぶことができます。

歯科技工専攻科上級コース
中級コースで得た知識と技術に磨きをか 専攻科 専攻科ける上級コースです。臨床の現場で求められる高度な精密技工を着実に習得。歯科技工所での臨床研修などを経験して様々な臨床に対応できる技術を身につけます。

学びたいとき学べる専攻科ステップアップコース

よくある質問など

詳細を見る

閉じる

【オープンキャンパス】
Q.服装に決まりはありますか?
A.特に指定はありませんので、私服で大丈夫です。動きやすい服装でお越し下さい。

Q.友達と一緒に参加しても大丈夫ですか?
A.お友達、ご家族との参加も大歓迎です。事前にお申込みがあれば、お付き添いの方へ交通費(一律1,000円)を補助させていただきます。

Q.遠方からの参加となりますが、宿泊施設は紹介してもらえますか?
A.提携してますビジネスホテルへの優待宿泊(1泊3,000円)、学生会館への体験入寮などをご案内しています。先着順となりますので、ご希望の方はお早めに入学サポートセンターまでお申し出下さい。

【入試】
Q.出願時期を教えて下さい
A.高校既卒の方は8月から、高校3年生の方は10月から出願が可能です。AO入試については6月よりエントリーシートの受付を行っています。

Q.オススメの入試制度を教えて下さい。
A.1.高校3年生の方:高校の校長先生の推薦を受ける学校推薦入試と指定校推薦入試、職業への適性を確認して受験ができ、人物重視のAO入試が受験しやすいと思います。学力検査(現代文、数学、生物、英語から1科目選択)を行う一般入試もあります。
2.高校既卒の方:学力検査が免除となる「社会人入試」、職業への適性を確認して受験ができ、人物重視のAO入試がおすすめです。
3.ご本人やお知り合いの方が、企業・医療・福祉施設などで働かれている方:医療及び福祉施設関係やその従事者から推薦を受ける「医療・福祉施設推薦入試が利用できます。試験は小論文と面接です。

Q.みなさん服装はどうされていますか?
A.特に決まりはありませんが、高校生の方であれば制服。既卒の方はスーツで来られる方が多いです。

Q.不合格でも再受験できますか?
A.同一年度ないであれば、検定料免除で何度でも受験していただくことが可能です。

【学費】
Q.日本学生支援機構の奨学金はいつ借りられますか?
A.2年以上のコースは利用することができます。入学後に日本学生支援機構の奨学金について、在学生を対象に説明会を開きます。その後、学校を通じて申請をしていただきます。なお、現役高校生の方は、高校を通じて予約採用の申込みをすることが可能です。

Q.学費は一括払いのみですか?
A.年間一括ので納入を基本としていますが、前期・後期分納での納入も可能です。初年度学費の納入は合格通知到着後1週間以内となります。分納などの詳細については入学サポートセンターまでお問い合せ下さい。

【授業・学生生活】
Q.通学定期券を利用できますか?
A.どの学科でも通学定期券を利用いただけます。

Q.既卒者ですが、現役の学生さんとなじめるか不安です。
A.東海医療科学専門学校へ入学される方の56%が大卒、専門卒、社会人などの既卒の方です。学科により既卒の方の多い少ないはありますが、多くの既卒者の方が資格所得に向けて頑張って学ばれています。

費用や奨学金制度について

詳細を見る

閉じる

【歯科技工士科】

学納金 1年次
入学金 200,000円
授業料 前期分 350,000円 後期分 350,000円
実習費 前期分 175,000円 後期分 175,000円
総計  1,250,000円
学納金 2年次
授業料 前期分 350,000円 後期分 350,000円
実習費 前期分 175,000円 後期分 175,000円
総計  1,050,000円

※授業料,実習費は前期・後期の分納が可能です。
※学費以外に自己所有となる教科書、白衣、教材費等が2年間で37万円程度必要となります。

みなさんの学びを支援するため各種奨学金制度を設けています。

学校WEBページ

東海歯科医療専門学校HP: http://www.tokai-med.ac.jp/dental/
東海歯科医療専門学校ブログ: http://www.tokai-med.ac.jp/dental/blog/

地図

愛知県名古屋市名東区藤が丘158
地下鉄「藤が丘駅」より徒歩1分


愛知県の歯科技工士の学校を検索