歯科衛生士とは?  |  歯科求人情報サイトでんたろう

会員様ログイン
コールセンター お問い合わせメール
4/27 (木) 10:00〜担当:山田が電話案内・代行登録・入金確認を致します。


歯科衛生士とは?

歯科衛生士ってどんな職業?


歯科衛生士 歯医者さんに行くと歯科医師だけでなく、歯科衛生士(DH)や歯科助手(DA)と呼ばれる方がいます。
一般の人からは区別がつきづらいのですが、歯科衛生士は、学校での教育を受けて国家資格を持っているスペシャリストです。
また、歯科衛生士は患者さんの口の中に手を入れることができますが、 歯科助手は口の中に手を入れてはいけません。

歯科衛生士の役割


歯科衛生士は、歯の専門的知識・治療の手順・歯科医師のサポート・患者と医師との橋渡しなど、 医療面とサービス面において重要な仕事を任されます。
しかしながら、現場においては慢性的な人材不足で、多くの歯科医院が歯科衛生士を必要としています。
歯科衛生士の役割は大きく分けて3つあります。

第1は、歯科予防処置。

歯に付着した歯垢や歯石を器具を使って除去したり、予防薬を歯に塗布して虫歯の発生や進行を防いだりします。

第2は歯科診療補助。

歯科医師に協力して、診療行為をサポートしたり、患者さんと歯科医師との間に立ってコミュニケーションを図り診療効果を高めるなど、幅広い仕事が含まれます。

第3は歯科保健指導。

診療所、学校、職場、保健所、保健福祉センター、高齢者施設などで、虫歯や歯周病の予防法などを指導します。

歯科衛生士になるには


歯科衛生士になるには、専門学校や短期大学など歯科専門の養成施設を2年以上勉強し(今後3年制に移行)、 国家試験に合格する必要があります。社会人や歯科助手として働きながら夜間学校に通い、歯科衛生士になった方も多数います。
歯科衛生士は、夜勤がないなど勤務時間が規則的なため、結婚や出産後も無理なく働くことのできる一生モノの国家資格です。社会でのニーズも高く、就職に有利です。

歯科衛生士学校検索


歯科衛生士になるには、専門学校や短期大学などで歯科専門の勉強をする必要があります。
衛生士になろう!という方は、体験入学・願書の取り寄せなど各学校のホームページをチェックしてみてください。また、学校によっては3割以上が社会人入学といった学校もありますよ!

全国の歯科衛生士の学校


全国の歯科衛生士の学校を検索

歯科衛生士の国家試験


学校を卒業し、国家試験に合格すると、晴れて歯科衛生士としてのお仕事ができます。
国家試験といっても合格率は97%ですので、しっかりと学校で勉強していれば大丈夫!
受験資格 ・文部科学大臣の指定した 歯科衛生士 学校を卒業した者
・厚生労働大臣の指定した 歯科衛生士 養成所を卒業した者
・外国の 歯科衛生士 学校を卒業し、または外国において 歯科衛生士 免許を得た者であって、厚生労働大臣が上記に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者 詳細はこちら
試験方法 年1回、筆記試験9科目により行われる。
試験科目 人体(歯・口腔を除く。)の構造と機能、歯・口腔の構造と機能、疾病の成り立ち及び回復過程の促進、歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み、歯科衛生士概論、臨床歯科医学、歯科予防処置論、歯科保健指導論並びに歯科診療補助論です。 (平成22年6月30日歯科衛生士法施行規則の改正により試験科目が改正されました。平成23年度から実施されます。)
受験料 14,300円
試験地 北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県
出願期間 1月
合格率 97%
歯科衛生士試験合格者数
開催回(年) 受験者数 合格者数 合格率
第23回(平成25年) 6,685名 6,492名 97.1%
第22回(平成24年) 6,064名 5,832名 96.2%
第21回(平成23年) 3,661名 3,507名 95.8%
問合せ先 財団法人歯科医療研修振興財団財団法人歯科医療研修振興財団
〒102−0073 東京都千代田区九段北4-1-20 歯科医師会舘内
TEL 03−3262-3381

歯科衛生士の就労者数


厚生労働省調べでは、平成24年末現在の就業歯科衛生士数は108,123人で、前回(平成22年)に比べ4,943人増加しているそうです。
今回は、 社団法人 日本歯科衛生士会のサイト で公開されているデータをご紹介します!

就業場所別にみた就業歯科衛生士数

就業場所の9割を占めるのが診療所で、98,116人(90.7%)です。
残りの9.3%の内訳は、病院(4.8%)、市町村(1.9%)、歯科衛生士学校または養成所(0.7%)、保健所(0.6%)、事業所(0.5%)、介護老人保健施設(0.3%)、その他(0.4%)となっています。

(※平成24年末現在)


年齢階級別にみた就業歯科衛生士数

25歳未満: 12,369人(11.4%),25歳〜29歳が20,650人(19.1%)
30歳〜34歳: 15,546人(14.4%)
35歳〜39歳: 16,226人(15.0%)
40歳〜44歳: 15,478人(14.3%)
45歳〜49歳: 12,664人(11.7%)
50歳以上: 15,190人(14.1%)

(※平成24年末現在)


都道府県別就業場所

全国96,442人のうち、上位5都道府県は、以下の通りでした。
1.東京:10,822人
2.大阪:7,292人
3.神奈川:6,853人
4.福岡:5,433人
5.北海道:5,131人

(※平成24年末現在)

都道府県別の詳しい数値は、 社団法人 日本歯科衛生士会のサイト をご参照ください。

歯科衛生士の求人情報


歯科衛生士の求人情報を検索

歯科衛生士に役立つ関連情報


歯科衛生士法

メルマガタイトル


blnak

毎週金曜日に、新着求人や急募・ブランクOKなどの求人情報を皆様にお届けします。

blnak

職種を選択して下さい。


都道府県を選んで下さい。


でんたろうを何で知りましたか?


E-mailアドレスを入力して下さい。


blnak